プロフィール

イヌダス

  • Author:イヌダス
  • 東京発 inudas200X 
    http://www.tcn-catv.ne.jp/~botan.2-hp/
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
雪の朝
東京は昨夜から雪が降っています。
朝も降り、昼になっても降っています。
空から降る白い雪は、汚れた街や悲しい出来事を隠してくれます。

昨夜、家族の「残九郎」(セキセイインコ♂)が死んだ。
我が家に来てから僅か一年、僅か40gの小さな家族・・・
「残九郎」は我が家に来る前から病気でした。
0-02.jpg

セキセイインコ雛病(BFD :Budgerigar Fledgling Disease)
脱羽、羽毛欠損、羽毛形成不全や肝機能低下などを起こす。
症状的にはPBFDに類似する。慢性例では死ぬことはなく、また加齢と共に免疫力が強まると自然治癒することもある。
急性例では食欲低下、下痢、吐出、呼吸器症状、全身性の出血などの症状を呈し、死亡する。
決定的な治療法は確立していない。

明日「残九郎」は病理解剖に行きます。
死因の解明と病気の研究の為に、そして同じ病気で苦しむ鳥たちの
役に立つ為に・・・

そして、夜遅くまでマーヤは残九郎の枕元に座り続ける。
0-01.jpg

残九郎は降りしきる雪空に上っていく。
病気にも運命にも屈しない誇り高い鳥が、天に昇って行く。
おやすみ残九郎
ありがとう残九郎
またね♪残九郎


0-03.jpg

スポンサーサイト


親馬鹿(゚∀゚)上等 | 【2006-01-21(Sat) 23:23:03】 | Trackback:(0) | Comments:(6)
コメント
お邪魔いたします。きなこと申します。
うちの実家で残九郎くんと同じセキセイインコを飼っています。
羽の色もまったく同じで、名前を「ピー助」といいます。
実家は父と母の2人暮らしなのですが、ピー助のおかげで楽しい毎日を送っている様です。
とても他人事とは思えず、おもわずコメントしてしまいました。
また、これからも遊びにこさせていただきますね。
残九郎くんのご冥福をお祈りいたします。。
2006-01-22 日 00:46:03 | URL | きなこ #- [ 編集]
残九郎くん、残念でしたね。奇しくも先ほど「インコだす まだ工事中なんだ」と、残念に思ってたところでした。
去年次男が手乗り文鳥を飼い出して、昔子供の頃手乗り文鳥を飼っていたことを思い出しました。セキセイインコもそれと前後して飼っていた事も、何十年ぶりかに思い出しました。
何故、スッカリ記憶から消えていたのか、自分でも不思議ですが、次男の「ルークちゃん」が思い出させてくれました。
小さくても、重たい命。
イヌダスさん、ツマダスさん、寂しくなりますが、お気を落とさずに。
m(__)m
2006-01-22 日 01:30:57 | URL | どすこい #G2f.Jh/s [ 編集]
はじめまして、ご訪問・コメントありがとうございます。
丁重なお悔やみの言葉、ありがとうございます。

小さな残九郎のケージが一つ無くなっただけで
部屋の中がガラ~ンと広く感じます。
いまさらながら、残九郎は家族にとって大きな存在だったのだと実感しています。

ご実家のピー助くん♪残九郎の分も、元気で楽しい日々を
ご両親と過されますように、お祈りいたします。
きなこさん、これからも遊びに来てくださいネ
ありがとうございました。
2006-01-22 日 08:44:01 | URL | イヌダス #- [ 編集]
あたたかいお言葉、ありがとうございます。
残九郎は古い古い小鳥屋から来ました。
生体販売に猛反対しながらも、下町の老夫婦が営む小鳥屋を
「古きよきモノ」のように感じて、一羽だけいた「残九郎」を引き取りました。
案の定、病院での検査では、病気の数々が発見され
古き小鳥屋の生体管理とは水・餌・菜っ葉だけだったことが用意に判りました。
今もアノ小鳥屋を悪く言う気にはなれないのですが、なんとも
やりきれない思いです。

小麦の「お見合い」心配してくれて、ありがとうございます♪
あとで記事にしてUPします(*^_^*)
2006-01-22 日 08:54:06 | URL | イヌダス #- [ 編集]
セキセイインコにも専門?の病気があるんですね
子供の頃飼っていましたが始めて聞きました

病気と闘いながらも頑張って生きていたんですね
お疲れ様でした
病理解剖されるんですね
残九郎も役に立てて喜んでいると思いますよ

心からご冥福をお祈りいたします
2006-01-22 日 18:18:20 | URL | よっし~ #- [ 編集]
小学校の時に飼っていたインコを思い出して、じわっときてしまいました。くちばしの感触やぬくもりを思い出すと、小さいけどやっぱり大事ないのちだった。マーヤちゃんは天国に行く残九郎くんを見送ってるんでしょうか。こんなとき動物ってすごいなぁと思います。
2006-01-23 月 00:29:35 | URL | hiroyone #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。