プロフィール

イヌダス

  • Author:イヌダス
  • 東京発 inudas200X 
    http://www.tcn-catv.ne.jp/~botan.2-hp/
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
歳をとりました。
昨夜、友人が誕生祝いをしてくれた。
もう祝う歳でもないのだが、やはり嬉しい。
プレゼントももらった♪
最近友人同士でのプレゼントは「喜ばれない物」を贈り合う。
いや、正確には「喜んでいいのか悪いのか困惑する物」である。

今年の誕生祝でもらった、モノ
ベスト3!
cc_03.jpg

大人の科学「マイキット150」
1970~1980年代の少年たちの憧れの的!マイキット!
これは、フツーに嬉しい!しかし、どうやって遊ぶのだ?

ベスト2!

cc_01.jpg

水曜スペシャル「川口浩探検隊」DVD+隊員ツナギ(テレ朝版)
コンプリートボックス!
cc_02.jpg

川口浩って・・・80年代ですらイタかったのに、ナゼ今、再び?

ベスト1
cc_04.jpg


「ひざまくら」・・・・・・・なんだよコレ・・・_| ̄|○


cc_05.jpg


・・・・・・ノーコメント

あ~~たしか来月はデル氏の誕生日だったねぇ
さぁ~て、私はキミに何をプレゼントしてやろうかねぇ?


スポンサーサイト
ドサクサ日記 | 【2005-10-30(Sun) 13:08:44】 | Trackback:(0) | Comments:(6)
仔猫終了
つい先ほど仔猫が、新しい家族の元に行きました。
保護から7日目、3匹そろってS家の3姉妹になりました。

まさか今日が旅立ちだとは思わなかった・・・・
でも、今日で良かった。
今日で良かった、3匹とも猫砂でトイレが出来た日だから。
今日で良かった、3匹ともミルクより猫缶をよく食べた日だから。
今日で良かった、気持ちのよい秋風が吹いていたから。

今日で良かった、明日になったら誰にも渡せなくなっていたから(T_T)

neko_12.jpg


犬のお母さんはオシマイ。
明日の朝からは人間の、お父さん、お母さん、お兄ちゃんとの暮らしが始まる。
今日で良かった、ホントによかった。
neko_03.jpg



マーヤ | 【2005-10-29(Sat) 00:20:27】 | Trackback:(0) | Comments:(7)
仔猫VS小麦
一昨日、仔猫3姉妹を保護してから、大変な事になっています。

ミルク→ウンチ→ミルク→ちょろちょろ・・・探検
→ミルク→オシッコ→こっちでウンチ→ミルク→
家具の裏散歩→ミルク→あっちでオシッコ→
ミルク→ウンチ→ミルク→ウンチ→ミルク→・・・・・
neko_09.jpg

仔猫が3匹もいたら当然の事態なので、特に驚きはしません・・・_| ̄|○

仔猫は先日まで、小麦の使用していたサークルに入っています。
小麦は最近サークルで寝ない為、ほぼ空家と化していたので、ちょうどイイ!
しかし、小麦には「使わなくてもアタシの部屋!」ってカンジで少し不満顔。
マーヤも家族も、仔猫の世話に追われているのが気に入らないご様子で
「アタシだって~アタシだって~」と仔猫の授乳中に割り込んできたり
仔猫サークルに一緒に入って、4姉妹に成ろうとしたり(^◇^)
不安と嫉妬とワガママ等等、複雑な心境のようです。
昨夜の授乳時には順番にミルクを貰う仔猫の列、最後尾にチョコンと座り、自分も哺乳瓶からミルクを貰う気になっていました(^◇^)

・・・・ちょっと、仔犬気分(*^_^*)

neko_11.jpg


★★★「小麦」の新しい飼い主募集を開始しました★★★
詳しくは本家HP inudas200Xの里親募集スペシャル 【がんばれ「小麦」ちゃん】をご覧下さい。


保護犬日記 | 【2005-10-25(Tue) 13:16:11】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
仔猫来襲
朝の散歩も終わろうとした頃、あと500mで家だという場所で・・・

マーヤが仔猫を拾った・・・・_| ̄|○

しかも3匹(離乳前)・・・・_| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○

neko_02.jpg


おかげさまで「いつ仔猫を拾うんだろう?」と言う恐怖心から
開放されて、夜はゆっくり眠れますヽ(´ー`)ノ
(仔猫のミルクの時間は別だが・・・・)

neko_01.jpg


当のマーヤは仔猫番で昼寝も出来なくなりました(^◇^)

マーヤ | 【2005-10-22(Sat) 01:22:23】 | Trackback:(0) | Comments:(8)
ワンコのゴハン2
ウチは基本的にはドライフード(天然系)にトッピングで
ゆる~いウエットフードを少々だったり、肉野菜煮込みを少々だったり・・・
カロリー計算もしないし、分量もほぼ目分量(@_@;)
愛犬たちに、じつにいいかげんな食事をさせています_| ̄|○ 反省

さて、今日は巷でブームの(来てるのか?)手づくりゴハンに挑戦じゃー!
まずは材料から・・・キャベツ、じゃがいも、ニンジン、鳥ササミ、鳥砂肝
zz_83.jpg


材料は片っ端から刻む刻む刻む!
じゃがいも、ニンジンはレンジで温野菜加熱!

zz_81.jpg



あとは、まとめてナベにぶち込み、煮る!
アクを取りながら煮ること20分!
荒熱を取り、タッパに小分けして白米を少々加えて完成!


zz_91.jpg


このまま冷凍して、一回分ずつ解凍してお出しします。
いかがですか?カロリーも栄養バランスも何も考えずに作る
手づくりゴハンでした・・・・_| ̄|○ いい加減すぎだろ・・・

zz_92.jpg

「いいから早く食わせろ~!」

下痢も覚悟のオヤツグルメ | 【2005-10-20(Thu) 21:26:19】 | Trackback:(0) | Comments:(9)
ワンコのゴハン
私の生活圏にあるホームセンターには「ペット用品売り場」があります。
売り場は年々拡大し、犬フード・猫フード・犬オヤツ・ベッド・洋服・トイレシーツ・・・・
他の売り場を縮小させてでも、ペット用品売り場の勢いは留まる所をしりません。
中でも、最近気になるのがドッグフード!
次々と異業種からもドッグフード市場に参入してきましたネ

平成16年度ペットフード流通量調査(出所 ペットフード工業会)では
全国で1,245万7千頭の犬が飼育され、その内80%の犬が市販のドッグフードを食べています。
(80%の内訳 ほとんどフード67.4%、五割以上フード17.7%)
じつに1,000万頭のワンコがドッグフードを主食にしているんですねぇ
さて、そのフードを食べさせている飼い主さん、ドッグフードを愛犬に与える理由は?

 「栄養バランスが良いと思うから」
 「健康に良いと思うから」
 「体調・年齢別に商品が揃っているから」
 「手間がはぶける・手軽だから」他

逆にドッグフードを使わない20%の飼い主さんの理由は?

 「犬用に特別に調理するから」
 「犬がフードを好まないから」
 「残り物をあげているから」
 「フードは高価だから、犬にお金を掛けたくない」他

便利で品揃えも豊富で栄養満点のドッグフード
でも、いったい何を選べば良いのだろう?

各メーカー別に成犬用、仔犬用、シニア用、肥満犬用・・・・
和犬専用、小型犬専用、トイプードル専用、Mダックス専用・・・・
自然素材、ビタミン配合、DHA、アガリクス茸・・・・
高級品、輸入品、激安品、トップブリーダー推奨品・・・・
・・・・もう、何を選んで良いやら解りません(T_T)

でも、全ての食事を飼い主に任せてくれる愛犬の為に、安全で良質で最良のフードを選びたいものです。
ドッグフードの選び方は、何を基準に選んでいますか?


「なんでもいいから早く食わせろ~!腹減ったぁ~!」
zz_92.jpg


次回はサイさんちのゴハンを手本に「手づくりゴハン」に挑戦!

下痢も覚悟のオヤツグルメ | 【2005-10-19(Wed) 20:00:29】 | Trackback:(0) | Comments:(3)
ペット買いますか?
ペットを飼いますか?
ペットを買いますか?

昨年のペット関連市場は約1兆2,000億円を超え、ペット市場全体のマーケットは
2000年以降、対前年比5~6%の増加を続けています。
この背景には、少子化や高齢化、社会的なストレスに対する癒しブームなど
様々な環境・意識の変化があるのではないでしょうか?
今後もペット関連市場は拡大し日本社会、日本経済の重要な柱の一つに成って行くのでしょう。

ペット産業の市場構成は・・・
ペットフード55.4%
ペット用品 25.7%
生体販売  14.5%
他サービス  4.5%

生体販売が14.5%=1,740億円!ソノ多くが店頭展示販売です。

zzz_10.jpg

(※画像のペットショップは本文とは関係ないこともないです)

「わ~カワイイ~♪ワンちゃん~!ママ~!ワンちゃん飼おうよ~」
「ちゃんと面倒見られるの?ワンちゃんのお世話は大変なのヨ」
「そうですネ,
ワンちゃんは生き物です、最後まで大事に飼ってくださいネ」
「さぁ!ワンちゃん♪お家に行きましょうネ」
「毎度ありがとうございました~」

今日も一頭のワンコが買われて行きました。
家族に愛されて、幸せな一生を送れるように願います。

しかし、買われなかったワンコはどうなるんでしょうね?
売れ残った犬猫はどこに行くのか?

ペット生体の流通を考えてみましょうか・・・
2001年度全国の犬猫繁殖業者(個人ブリーダーは除く)は1.307軒
そこで繁殖されるペットは、およそ15万頭です。
その内、卸売り問屋や流通を経て店頭に並ぶのは65%の97.800頭
さらに、店頭で購入され、家庭のペットになるのは51%の77.000頭
   (出所「環境省ペット動物流通販売実態調査報告書」)

zzz_01.gif

繁殖された犬猫の51%しか家庭のペットには成れないようです。
(しつこいようですが、それ以外の49%はどこに行ったのでしょうねぇ?)

あれっ?ちょっと待って!元の15万頭って登録業者で繁殖された数字だよネ
個人繁殖家や闇ブリーダーや無届のパピーミル・・・
(真面目なブリーダーさんは一緒にされて不快でしょうが・・)
ペット産業における生体の繁殖総数はおよそ5倍の75万頭と私は推測します。
(これは私の推測ですよ!でもこんな線じゃないかな?)


zzz_02.gif


繁殖された75万頭から、家庭のペットになるのは77.000頭・・・約1割
10頭の仔犬の中から、家庭のペットになれるのは1頭だけなのです。

zzz_03.jpg

繁殖数75万頭 - 買われた数8万頭弱 = 売れなかった67万頭

売れない=ガラスケースの中で大きくなり商品価値が下がる
売れない=利益にならない、ムダな経費負担
売れない=死
そうです、10頭に1頭!一割しか生き残れないのです!
それは「かわいそうな現実」なんて生易しいものではなく
「恐怖のシステム」と言っても過言ではないでしょう?

WEBで見つけた可愛い子犬
オシャレなショップにいた仔猫
売れ残っていてかわいそうな仔犬
どんな表現をしても、生体展示販売で購入された一頭の仔犬には
売れなかった9頭の「死」がセットになっているのです。


すでに店頭でペットを購入して、家族の一員と暮らしている方には
不快なハナシだったでしょう・・・お詫びします。
でも事実なのです、遠い外国の話しでも、過去の話でもなく
「今」起きている現実なのです。

生体販売「恐怖のシステム」を止める方法は一つだけ!
それは「買わない」ことではないでしょうか?

それでもペット買いますか?


動物と人 | 【2005-10-05(Wed) 21:40:51】 | Trackback:(2) | Comments:(19)
小麦日記 5
保護預かり70日目

ご無沙汰してます、小麦です。
zz_86.jpg


仔犬パワー全開の小麦でございます。
3本足での生活に慣れてしまい、萎縮した右後足のリハビリは
遅々進みませんが、小麦は元気です。

物静かな小麦が最近はじゃれついてきます。
フニャフニャと何事か言いながら、足にまとわりつき
服の裾を引っ張りながら甘えてきます。
何の要求なのか?何の訴えなのか????

どうやらタダ甘えたいダケのようです。
普段忘れがちだけど、小麦はまだ1才にならない仔犬なのでした
甘えたり、叱られたり、褒められたり・・・仔犬の成長過程を
少し遅れて始めました(*^_^*)

zz_84.jpg


ギプスが取れた直後には、外の散歩が怖くて怖くて!(゚Д゚)」
ビクビクドキドキしながら家の周りを1周するだけの散歩も
今や胸を張って歩いています(^◇^)

今週末から「小麦の新しい飼い主募集」を開始します。

zz_87.jpg


小麦「散歩、命!」

小麦日記 | 【2005-10-04(Tue) 14:49:23】 | Trackback:(0) | Comments:(3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。